幼児から要注意!子供の強度近視が危ない!

幼児から要注意!子供の強度近視が危ない!

「強度近視」という言葉を知っていますか?

放置していると将来失明の危険性もある強い近視の状態のことです。

近年、子供の近視が増えていますが、その中でもさらに「強度」の近視の子供が増えているそうです。

近視ってどんな症状?

近視とは、遠くのものがはっきりと見えなくなる視力の異常のことです。

近くのものはハッキリと見えますが、遠くのものはぼやけて見えます。

軽度の近視では、離れた場所からテレビが見えづらい、教室の黒板が見えづらいという見え方ですが、進行すると見える距離がどんどん近くになってきます。

そのため、本やゲームなど手元の近くで見るようになっている場合は、近視が進行してしまっているかもしれません。

近視は遺伝するの?

メガネで矯正できない位の強い近視は、遺伝の影響が強いと言われています。目の構造が原因による近視は遺伝がほとんどです。

目の使い方による視力の悪化は、後天性の要因ですので遺伝は関係ありません。

今の時代、スマートフォンやゲーム機など目を使うことの多い子供たちは近視になる要因を多く抱えています。

強度近視になると

強度近視になってしまうと、眼球にかなりの負担がかかった状態で日々過ごすことになります。

そのため、眼球が圧迫されちょっとした衝撃で出血がおこったり最悪の場合、網膜剥離や失明などの危険性もあるといいます。

日常生活では目をこすったり、押したり、ぎゅっと閉じるなど、眼球に圧力をかけないよう注意しましょう。

【500円モニター募集】子供も食べやすいゼリータイプ★ルテイン40mg配合!

外で遊ぶと近視を予防できる!?

太陽光に含まれる「バイオレットライト」が、近視の進行と眼球の変形を抑える効果があります。

バイオレットライトは、ガラスなどを通過しにくいので室内ではなく屋外で遊ぶと効果的だそうです。

1日2時間程度、太陽光を浴びれば近視予防になるので天気の良い日は外に出る時間を作れると良いですね。

近視はいつまで進む?

小学生の成長期には、眼球も成長するので近視も進行します。

近視が非常に強い場合は、大人になっても進行が続く場合もあります。

また最近はパソコンの仕事だったりスマホの使用などにより、成人を過ぎても進行していく場合があります。

近視は治らない

一度近視になってしまうと治ることはありません。

近視になりかけの時期に点眼薬で予防する方法がありますが、視力がもとに戻る例はそんなに多くありません。

ですから、普段から目の使い過ぎには気をつけて生活習慣や環境を改善するようにしていきたいですね。