子どもの目やにが増えたときは。風邪?アレルギー?何科を受診すれば良い?

子どもの目やにが増えたときは。風邪?アレルギー?何科を受診すれば良い?

朝起きると目やにで目が開かない・・なんてことありませんか?

目やにってなんで出るんだろう?病気の兆し?

小児科か眼科、どちらを受診するの?

子どもの目やにについて調べてみました!

目やにって何?

目の角膜も皮膚と同じように、毎日代謝しています。

目やには、皮膚の垢のような生理的な分泌物のことをいいます。

目のゴミや代謝により落ちた古い細胞などが含まれています。

目のほこりなどは通常、瞬きをすることで涙と一緒に外に出されますが、夜寝ているときは瞬きをしないため目やにがたまりやすくなります。

目やにが増えるのはなぜ?

目の表面にバイ菌や異物が入ると、それらを排除しようとする免疫機能が働き、涙や目やにの量が増えることがあります。

体内の白血球が働き、目に入った異物を外に出してくれているのです。

少量の目やにであれば心配はいりませんが、目が充血したりかゆみがあり目をこすってしまうような場合は結膜炎を起こしている可能性があるので注意しましょう!

目やにの色でわかる病気

・黄緑色の場合

目やにが黄緑色でドロっとしている場合、細菌に感染している可能性があります。

黄緑色は黄色ブドウ球菌の色で、目やにに細菌がいる場合があります。

清潔なティッシュや綿棒で拭き取り、処分するようにしてください。

寝不足や疲れなどにより身体の抵抗力が低下していると感染しやすくなります。

・透明の場合

涙のようにさらっとしていて透明の場合、ハウスダストなどのアレルギーや花粉症の可能性があります。

目の充血と、かゆみも伴います。

寝起きに透明のさらさらとした目やにが、粉を吹いたようにつくこともあります。

原因であるアレルゲンに接触しないことが大事なので、こまめな掃除や換気など気をつけてみましょう。

・白い場合

白くネバネバとした糸を引くような目やにの場合、ウイルスによる感染の可能性があります。

アデノウイルスも子どもがよくなる「プール熱」や「流行り目」と呼ばれる流行性結膜炎の一種です。

とても感染力が強いので、目をこすった手で他に触れたり、タオルを共有するなどしないようにしましょう。

鼻水も出ているときは

「鼻水+目やに」や「鼻づまり+目やに」の場合は、風邪をひいたなどして鼻水が出て、目と鼻をつなぐ管を細菌が逆流し結膜炎を起こすため、目やにが増えている場合があります。

赤ちゃんや1歳、2歳くらいの幼児さんは鼻をうまくかめないお子さんも多いため、目やにで目が開かなくなるなどの状態が多くみられます。

目やにだけが出る場合は?

逆さまつげではありませんか?

本来まぶたの外側へ向かって生えるはずのまつげが内側へ生え、目に直接当たるような状態です。

まつ毛が直接目に当たる刺激が涙の分泌を促すため、目やにの量が増えます。

子供の場合は自然に治ることも多いので、特に異常がなければ放っておいても大丈夫です。

目やにが多い・目がゴロゴロしてよくこすってしまう・視力が下がったなどの症状があれば眼科を受診しましょう。

目が乾燥していませんか?

乾性結膜炎(ドライアイ)の場合、目の乾燥が原因で目やにが出る場合があります。

まばたきが減るなどして目の表面が乾くと、目の表面が傷つきやすくなります。

そのため目の表面への刺激が増え、目やにが出る原因となります。

お子さんがゲームのしすぎ、スマホをよく使うなどの場合は、まめに目を休めたり目薬を使うなど環境を整えてみると良いかもしれません。

目やには何科を受診するのがベスト?

目やにと共に鼻水が出ている・詰まっている場合は、風邪の症状からくる目やにだと思われるので、小児科を受診しましょう。

目やにが大量、色が緑色や黄色、などの場合はウイルスや細菌による結膜炎の疑いがあるので眼科を受診するのがおすすめです。

ウイルスや細菌による結膜炎の場合は感染力がつよいので、タオルの共用などによる家族内感染は気をつけましょう!

どちらに行けば良いかわからない場合は、まずはかかりつけの小児科へ。

目やにだけでなく、子どもの不調で気になることがあれば、子どものことを総合的に診ることのできる小児科へかかるのが良いでしょう。

まとめ

目やにはウイルスだけでなく、鼻づまりなど風邪の症状が原因ということがわかりました。

感染力の強い病気もあるので、扱いには気をつけましょう。

子どもの不調が気になるときはまずかかりつけの小児科へ相談してみてくださいね。