2020年から小学校でプログラミングが必修化!

2020年から小学校でプログラミングが必修化!

小学生のお子さんを持つ親の皆さん、ついに小学校でプログラミングが必修化される事となりましたね!

でも、「プログラミングを必修化する」と聞いても、ほとんどの方が「以前とどのように変わるのか」、「そもそもプログラミングとは何か」、たくさんの疑問が湧いてくると思います。

今回はプログラミングが必修化される事で、来年度から小学校の授業がどのように変化するのか詳しくご紹介したいと思います。

そもそもプログラミングって何?

プログラミングとは簡単に言うと、コンピューターに指示を出して、動かすことを指します。

例えばアプリやソフトを作成するときに、まず最初はこの画面が出るようにして、この部分をクリックしたらこのURLにページ移行して・・・など1からプログラムを作成します。

そのため、物事を順序だてて考え、正しく組み立てる論理的思考が必要になってきます。

小学校のプログラミング必修化は、実際に「プログラミング」という教科が出来るのではなく、全ての教科においてプログラミング的思考を培う内容を取り入れるというのがねらいとなっています。

必修化による変化

2020年からプログラミングの必修化をするということで、どのように以前と比べて変化したのでしょうか?

全国でプログラミング教育が行われる

今までは、「あの県の小学校はプログラミング教育に力を入れているけれど、こちらの県ではそうでもない・・・」という状況が見られました。

しかし、2020年からは全国どこの小学校に通っていても、ばらつきがなくプログラミング教育を受けられるよう改善されていきます。

授業の内容が変化

プログラミングが必修化されることによって、算数や理科、その他の教科にもプログラミングを取り入れる事になりました。

それぞれの学校に文部省から送られる「小学校プログラミング教育の手引き」という冊子には、「プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく」など具体的な場面も書かれていて、これからどのように小学校の授業にプログラミングが入り込んでくるのか注目です。

また、それぞれの学校で「様々な教科・学年・単元でプログラミングを取り入れる」ことが望まれているので、学校ごとに自由に実施する事になっています。

お子さんが授業についていけるか心配という方へ


小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ

このようにプログラミング教育が必修化されている中で、「自分の子供はパソコンを使わせたことがないから、授業に遅れるのではないか・・・」「授業が難しすぎて、勉強嫌いになるのではないか・・・」と不安の声も多く挙がっています。

あなたも不安に感じられますか?

実はこうした声に対し、文部科学省・総務省・経産省が協力して「未来の学びコンソーシアム」というサイトを創設しました。

これは小学校の先生方や、親の皆さんがお子さんに対して行なえる実際の授業事例やアドバイスなどが掲載されていて、とても便利です。

プログラミングについて、お子さんが分からないことを質問してきたときに、親の皆さんはハッキリと答えてあげたいですよね!

そのためには、まず親の皆さんがプログラミングに対する意識を高めて、知識を取り入れる事が大切です。

でも、プログラミングと聞くと難しいイメージが大きくて、なかなか勉強する気になれないという方も多いと思います。

そんな方は、楽しく学べるアプリやゲームなどを始めてみるのも一つの方法です。

まとめ

今回は「2020年から小学校でプログラミングが必修化する」という文部省の取り組みを受けて、親の皆さんが疑問に感じられている点をご紹介しました。

プログラミング必修化によって授業の内容がおおまかに変化したり、勉強が難しくなったりすることはなく、あくまでもプログラミング的思考を少しずつ培っていくというのが、教育方針となっています。

プログラミング的思考を培う事は、全てを効率よく行う能力にもつながるので、お子さんのテスト勉強や家事のお手伝いにも良い影響が表れてくるかもしれませんね!