小学生のプログラミング教育必修化は何年生から?

小学生のプログラミング教育必修化は何年生から?

2020年度から必修化されたプログラミング教育。

お子さんがこれから小学校に入学される方や、やっと小学校に慣れてきた低学年のお子さんを持つ親の方は特に、「プログラミング教育必修化による授業の変化」によって子供たちにどんな影響が出るのか心配に思われているかもしれません。

「小学校でのプログラミング教育必修化は何年生から?」「何の教材を使うの?」と様々な疑問を感じておられる方も多いと思います。

今回は、小学生のプログラミング教育必修化が何年生から行われるのか、またよくある質問についてもご紹介出来ればと思います!

必修化は何年生から?

実は、全国一律で「プログラミング教育を何年生から必ず行いましょう」という細かい決まりはありません。

また、プログラミング教材やプログラミングが取り入れられる教科なども決められていないので、各学校に任せられているというのが現状です。

自分の子供が通っている小学校は何年生から実施されるのだろう?

プログラミング教育必修化に伴って全ての学校に送られている「小学校プログラミング教育の手引き」には、「第5学年の算数:図形(1)正多角形」「第6学年の理科:物質・エネルギー(4)電気の利用」の部分でプログラミング教育を行う事が挙げられているため、小学校5年生、6年生くらいからプログラミング教育必修化を行なっている学校が多いと言えます。

一方で、プログラミング教育に積極的に取り組もうとしている地域や学校では、低学年から始めている場所もあるので学校によって異なります。

なので、「自分の子供が通っている小学校が、何年生からプログラミング教育を実施するのだろう?」と気になっておられる方は、学校のホームページを見たり、先生方に直接聞いてみたりするのも良いかもしれません。

よくある質問

プログラミング教育の予習は出来ますか?

「自分の子供はプログラミングが苦手そう・・・」「あらかじめ予習をしておきたい」

と感じられる方もおられると思います。

現在、図書館や本屋さんなどに行くと、小学生向けのプログラミングに関する問題集などがたくさん販売されているので、それらを活用しておくと、学校の授業でも他の子たちよりも一歩前進する事が出来、余裕で取り組むことが出来ると思います。

また、子供が楽しめるゲーム形式にしたアプリも多くあるので、スマホやタブレットで遊ばせてみると、子供たちはプログラミングを楽しく学ぶことが出来、オススメです。

もうすぐ小学校を卒業するのですが、プログラミング教育を受けられなくて将来困りますか?

そんなことはありません。

2021年からは中学校、2022年からは高校でプログラミング教育必修化が行われるので、中学校に入学してもプログラミング教育を十分受ける事が可能です。

また、全ての小学校・中学校・高校で学年ごとに一斉にプログラミング教育必修化が行われるので他の子たちよりも遅れてしまうという心配も要りません。

プログラミング塾に通わせた方がいいですか?

プログラミング教育必修化によって、入試の問題などもプログラミング的思考を試す問題に変化するそうなので、プログラミング塾に通わせるのはオススメです。

しかし、普通の塾でもプログラミング教育必修化に合わせて勉強方法を変化しているので、必ずプログラミング塾に通わせないと成績が危険という訳ではありません。

お子さんの希望を聞きながら、どの塾に通うか決めて頂ければと思います。

まとめ

今回は小学校で行われているプログラミング教育必修化が何年生から行われるのか、ご紹介しました。

小学校でプログラミング教育が行われるというのは決まっているものの、何年生からというのは決められておらず、各地域や、学校に任せられています。

自分のお子さんが何年生からプログラミング教育を開始するのか、学校のホームページや先生方に直接聞いて確かめておくのは賢明です。

お子さんがプログラミング的思考を培って、将来仕事でも活躍できるような人材になれるよう、今から親子で頑張っていきましょう!

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング