子供の口内炎。なかなか治らない口内炎でも食べられる食事は?

子供の口内炎。なかなか治らない口内炎でも食べられる食事は?

子供に口内炎ができると、ごはんがうまく食べられなかったり

飲み物が染みて痛がったり、喋ることさえ痛くて不機嫌になりますよね。

我が家の子供たちもよく口内炎ができてイライラしています。

口内炎の予防や治療法について調べていきたいと思います!

子供の口内炎の原因は?

口内炎とは、口の粘膜に起こる炎症のことです。

噛んだりぶつけたりした傷から起こる口内炎

転んだりぶつかったりなどして口の中を切ってしまったり、

食事中にに誤って頬の内側を噛んでしまったりすると出来る傷が口内炎に。

ストレスの影響、栄養の偏りが原因で起こる口内炎

風邪や疲れなどで体力が落ちたときなどに、よく発症します。

夜更かしが続いてしまうなど睡眠不足も原因になります。

虫歯などで口内環境が悪化した時に出来る口内炎

虫歯や磨き残しなど、口内環境の悪化によりウイルスや細菌が増えたときにできる口内炎。

これは口内炎だけでなく、口臭の原因にもなるので要注意です!

歯磨き後でも食べれるおやつ【ムシバイ】

痛い口内炎の種類

アフタ性口内炎

白くてやや窪んだ潰瘍。

ものが触れたり、辛いもの、酸っぱいもの、しょっぱいものなど刺激のあるものを口にした場合にも、痛みが出ることが多いです。

ヘルペス性口内炎

口の中に「白い水ぶくれ」が多発した状態。

ヘルペスの場合は、口内炎ができるのと同時に高熱が出ることがあります。

しかし、口の中の潰瘍+高熱は手足口病やヘルパンギーナなども当てはまるため、早めに小児科を受診することをおすすめします。

口内炎を1日でも早く治す栄養素は?

口内炎を早く治すためには、まずは栄養バランスを整えることが大切ですが、特にビタミンB群の摂取を心掛けましょう。

ビタミンB群は、全身の肌や粘膜を守る働きをもっています。

その中でも、ビタミンB2とビタミンB6は、口内炎に効果的といわれています。

ビタミンB2を多く含む食材

うなぎ、青魚、海藻、きのこ類、赤身肉、レバー類、納豆や卵、乳製品など

ビタミンB6を多く含む食材

バナナ、レバー類、にんにく、マグロ、カツオ、鳥のささみなど

また、肌や粘膜を保護する働きのあるビタミンA、全身の抵抗力をアップさせるビタミンC、鉄、亜鉛などのミネラルも合わせて摂取すると効果的です。

大人ならサプリメントを飲むこともできますが、子供にはサプリ飲ませられる年齢ではなかったり、錠剤が飲めなかったりしますよね。

口内炎の子供に無理せず食べさせるコツ

口内炎が痛くて食べられないときは、無理に食べさせなくてもOK

水分をきちんととり、食べられそうなものがあれば食べさせてみましょう。

アツアツはしみる

お味噌汁やスープ、あったかい方が美味しいですが、口内炎には刺激が強いので少し冷ますなどしてから与えましょう。

具も口内炎に当たると痛いので、ポタージュ系かお味噌汁のお汁だけでも大丈夫です。

しょっぱいものはしみる

上でお味噌汁やスープ、と書きましたが、塩分の強いものも口内炎にしみます。

なるべく薄味にしましょう。

すっぱいものもしみる

ビタミンCを!といえばフルーツを思いつきますが、オレンジやグレープフルーツなど柑橘系は口内炎にしみます。

ビタミンCはフルーツ以外でも緑黄色野菜なとからも摂ることが可能です。

緑茶やほうれん草、じゃがいもにもビタミンCは含まれています。特に緑茶には殺菌作用があるのでおすすめです。

口内炎を早く治すには歯磨きも大事!

口内炎がある時って、口内炎の場所を避けて歯磨きをしがちではありませんか?

口内炎があるときこそしっかり歯磨きをして雑菌の繁殖を抑え、口の中を清潔に保つことが大切です。

歯みがき粉の成分がしみるようであれば、つけなくてOK。水だけでも十分です。

「ムシバイ」を今すぐお得に試してみる!

まとめ

口内炎ができると食事ができない、歯磨きしたくない、イライラする。。と悪循環がおこってしまいますよね。

そんな時は少しごはんを工夫して、早く口内炎が治るように一緒に乗り越えられたらいいですね♪